FRRはRFC5549な経路をLinuxカーネルのルーティングテーブルへどうやってインストールするのか

FRRouging (FRR)という、Quaggaからフォークしたルーティングデーモンがある。 github.com FRRはRFC 5549に対応しており、bgpdで受信したIPv6ネクストホップを持つIPv4経路をzebra経由でLinuxカーネルのルーティングテーブルへインストールすることができる…

Linuxにおける Equal Cost Multipath (ECMP) の設定方法と挙動に関するメモ

Linuxのネットワークスタックでmultipathを使用する場合の設定方法と挙動に関するメモ。 設定方法 設定自体は ip route add コマンドで nexthop を複数指定するだけ。src の指定は必要に応じて。 # ip route add 10.1.1.0/24 src 10.0.0.3 \ nexthop via 192…

Linux VRF with L3 Master Device

Linux kernel 4.4から登場した、L3 Master Device (l3mdev) によるVirtual Routing and Forwading (VRF) を軽く触ってみたメモ。 そもそも何をするためのものなのか Linuxのネットワーク廻りを触っていると、たまに「特定のネットワークインタフェースから入…

Generic XDPを使えばXDP動作環境がお手軽に構築できるようになった

XDP (eXpress Data Path) ネタ。 パフォーマンス上の理由から、XDPのパケット処理はskbが割り当てられる前にNICドライバから直接呼び出させる。そのため、XDPプログラムの動作にはNICドライバ側でのサポートが必要となる。 5月時点での対応ドライバリストは…

自宅のルータをAT-AR2050Vに入れ替えた & 回線をv6プラス化した

自宅マンションで光配線方式のフレッツが使えるようになったので、これを機にルータの入れ替えとv6プラス(IPv6 IPoE)化を実施したメモ。 結論から言うと、IPv4 PPPoE時代に発生していた夜間帯の輻輳が解消され、かなり快適になった。 構成変更前の環境 現住…

Facebookはレイヤ4ロードバランサをIPVS(LVS)からXDPベースのものに乗り換えつつある

4月に開催されたnetdev 2.1で面白いセッションがあったのでメモ。 Facebookが使用しているレイヤ4のロードバランサに関する発表で、従来はIPVS (LVS) を使用していたが、XDPベースで自ら開発したものに移行しつつある、という内容。 XDP Production Usage: D…

eBPF tail call 使い方メモ

eBPFにはtail callと呼ばれるプログラム呼び出し方法が存在する。 これは、ある実行中のBPFプログラムから別のBPFプログラムにジャンプするものである。あくまでジャンプであって、通常の関数呼び出しと違って呼び出し元に処理は戻らない。ユースケースとし…

Virtio-netでXDPを動かすにはqemuのオプション変更が必要

Linuxカーネル4.10からvirtio_netがXDPをサポートするようになった。だが、動作させるには少しオプション変更が必要となる。 Qemuの起動オプションに下記を渡すことでここに記載のあるオフロード機能が無効になり、XDPが動作するようになる: gso=off,guest_t…

Persistent eBPF map object with bcc

Linux kernel 4.4以降には,eBPF map/programを"永続化"する仕組みが実装されている.ここではその概要を説明しつつ,iovisor/bccを使って実際にその動作を確かめてみる. Background: eBPF objectを複数プロセスで共有したい eBPFにmapというデータ構造があ…

Maglev Hashing with Python

今更ながら,GoogleのMaglev論文で提案されているMaglev Hashingを手元で実装してみた. Maglev: A Fast and Reliable Software Network Load Balancer Maglev Hashingとは 所謂Consitent Hashの一種.Maglevロードバランサにおけるリアルサーバ選択に使用さ…

Linuxカーネルの新機能 XDP (eXpress Data Path) を触ってみる

先日netdev 1.2に参加してみたところ,XDP(eXpress Data Path)の話題で持ち切りといった感じだった. というわけで,XDPについて一通り調べつつ,実際に触ってみた. XDPとは何か? 誤解を恐れずに一言で言うと,「Intel DPDKのような高速パケット処理基盤を…

ロードバランサのアーキテクチャいろいろ

少し前に,Facebookのロードバランサが話題になっていた. blog.stanaka.org このエントリを読んで,各種Webサービス事業者がどういったロードバランスアーキテクチャを採用しているのか気になったので調べてみた. ざっくり検索した限りだと,Microsoft, Cl…

OS X 10.11のDNS64らしき動きをするDNSサーバを作る

OS X 10.11 El Capitanのインターネット共有機能を使うと,IPv6インターネット接続性が無い環境であってもIPv6 only networkを作ることができる,とAppleは言っている.どういう仕組みなのか少し調べてみたところ,AAAA filterに似た仕組みをDNS64に組み込ん…

Norikraでそこそこ手軽にNetFlow解析

去年のJANOGで別の方が発表された内容とダダ被りではあるものの,折角なのでメモ程度に書いておく. 概要 データセンタネットワークやバックボーンネットワークの運用をやっていると,インターネットに出入りするトラフィックの内訳 (どのISP向けのトラフィ…

モダンなcipher suiteに対応していないHTTPSクライアントを搭載したロードバランサが存在する問題について

実は一般的に知られている問題なのかもしれないものの,最近知ったのでメモ. 概要 一部のロードバランサアプライアンスにおいて,搭載されているHTTPSクライアントが所謂"モダンな"暗号スイートに対応していないものが存在する このため,特定条件下におい…

第3回「さくら石狩DC見学ツアー」に行ってきたレポート

気付けば石狩から帰ってきて1週間も経ってしまったものの、まだなんとか記憶に残っているうちに「さくら石狩DC見学ツアー」に参加してきたレポートを。 今回のツアーの応募理由 「他所のデータセンターの中がどうなっているか見てみたい」というのがツアーに…

VyOS+fluent-plugin-netflowでNetFlowを取得する

NetFlowまわりの諸々を触りたいとき,VyOSだとハードウェアを別途用意しなくても手軽に色々試せて便利. VyOSの設定 PlixerとManageEngineの記事を見つつ,下の設定さえあればとりあえず動く.Timeout値まわりは環境に合わせて要調整.バージョンはVyOS 1.0.…

Client Subnet in DNS Requests (draft-vandergaast-edns-client-subnet) を読んだ

先日googleとakamaiは仲良し?というエントリを読んだとき,恐らくEDNS Client Subnet Optionだろうとは思った*1ものの,EDNS Client Subnet Optionの動作をきちんと把握してはいなかったので,この機会にdraftを読んでみた. 概要 DNS権威サーバの中には,…

grepcidr: IPアドレスをサブネットで一括grep

あるファイルに含まれるIPアドレスをgrepしたいとき,/32なり/128なりのIPアドレスそのものではなく,サブネットでgrepできると便利な場面が多々ある.それらしき物が無いか探したところ,grepcidrというツールがあったのでメモ. 導入 単純にソースコードを…

lxmlのxpathで正規表現を使う方法,あるいはrrdtool-dumpのバージョン差異

PythonのXMLパーサモジュールであるlxmlのxpathにおいて,正規表現を使って検索をする方法のメモ. いま,下のようなXMLがあるとする. <rrd> <rra> <cf>AVERAGE</cf> <pdp_per_row>1</pdp_per_row> </rra> <rra> <cf> AVERAGE </cf> <pdp_per_row>5</pdp_per_row> </rra> <rra> <cf>MAX</cf> <pdp_per_row>1</pdp_per_row> </rra> <rra> <cf> MAX </cf> <pdp_per_row>5</pdp_per_row></rra></rrd>

dnspythonでDNSサーバのzone fileを扱う

BINDやNSDといったDNSサーバのゾーンファイルをpythonで扱うライブラリは幾つかある.その中でもdnspythonはある程度メンテされていて,かつ使いやすそう. インストール pipでインストール可能.ただしPython 2.xと3.xとでパッケージが分かれているので注意…

ISC DHCP serverでIPアドレスのリース時に外部コマンドを実行する

ISC DHCP serverでDHCPサーバを運用するとき,IPアドレスをリースするタイミングで任意のコマンドを実行したいことがある.例えば,クライアントのMACアドレスとリースしたIPアドレスのペアをデータベースに入れておきたい,といった場合. こういった場合,…

過去に蓄積されたデータの集計にNorikraを使う

最近Norikraを触っていて,ある程度使い方が分かってきたのと,丁度v1.0.0もリリースされたので,忘れないうちにこのタイミングでメモしておく. 本来Norikraはリアルタイムなログ等に対して処理をするものであるけども,今回は過去に蓄積されたログに対して…

Python 3.3 + oursql 0.9.3 導入メモ

いくつか躓いた箇所があったのでメモ. 正しく動作する導入方法 Launchpad上のオフィシャルページからPython 3.x向けのパッケージをダウンロードし,展開する. $ wget https://launchpad.net/oursql/py3k/py3k-0.9.3/+download/oursql-0.9.3.zip $ unzip ou…

Androidのjava.net.URIでIPv6 scope_idが扱えない件

タイトル通り. URI v6linklocal = new URI("http://[fe80::1%9]/foo"); を呼ぶとURISyntaxExceptionが返ってくる. scope_idについては,RFC 4007で文書化されている.しかしAndroid Developersに A Uniform Resource Identifier that identifies an abstra…

Fedora17 デスクトップ環境構築メモ

すぐ忘れるのでメモ.随時追加. 環境 Fedora 17 x86_64 ThinkPad x200 7454-CTO 4GB * 2 メモリ 250GB SSD (Samsung MZ-7TD250B/IT) /boot : 1GB, ext4 / : 残り全部, ext4 OSインストール直後 MIN_UID / MIN_GIDの変更 Fedora 16から,一般ユーザのUID/GID…

SSHの踏み台有り・無しを,ネットワーク的居場所に応じて自動で切り替える

SSHで何がしかのホストに入るとき,自ホストのネットワーク的な居場所に応じて踏み台使用の有無を自動で切り替えるようなものを書いてみた. やりたいこと 自分の居場所に関係無く,同一コマンドでSSHできるようにすることが最終的なゴール.あるネットワー…

ACアダプタ接続時,画面オフしないようにする (Fedora16+Gnome3)

$ gsettings set org.gnome.settings-daemon.plugins.power sleep-display-battery 600 # バッテリー駆動時は600sで画面オフ $ gsettings set org.gnome.settings-daemon.plugins.power sleep-display-ac 0 # ACアダプタ接続時は画面オフしない 液晶モニタの…

SKKがブラウザ経由で使える「SKK Anywhere」を作ってみた

ネカフェや海外のPCでもSKKが使えると嬉しいよね*1,というわけでブラウザ経由で使えるSKKな日本語変換システムを作ってみた.SKK Anywhere加えて,T-Code/TUT-Codeも使えたりする. 仕組み キーストロークをWebSocket経由で全てサーバに投げ付けてひたすら…

Valaで書かれたライブラリをPythonから呼ぶ

Valaで書かれたライブラリは,GObject introspectionのおかげで,他言語から簡単に呼び出せる.簡単なチュートリアルはこちら. antono/vala-object - GitHub tliron/pygobject-example - GitHub 下のコードはlibskkをpythonから呼んでみた例.libskk/tools/…